コートでは誰でもひとり ひとりきり

少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んず可からず  未だ覚めず池塘  春草の夢  階前の梧葉 已に秋声

さよならだけが人生だ

迷子になってる ワタシのテニス
双六で何度も「振出しに戻る」になってる気分


もぅ や~~~~~んぴっ!


…って また離れてみようか
以前はカラダのケガで離れたけども
今回はココロのケガってコトで


ドコでラケット振っても しっくりこない
誰に何を言われても ちゃんとできない


素直になれない(自覚アリ)
キャパオーバー


壁を乗り越えたこと 仕事ではあったけど
そのかわり 胃を壊し 肝臓壊し ボッロボロ


メンタルが弱いワタシ
なりふり構わず走り続けると アトでツケ払い


考えなきゃ もっともっと いろいろいろいろ
時間は有限だ


自分が目指すものは 自分で決める
そこまでの手段も 自分で決める


ひとまず期限を設けて そこまでは全力疾走


アトの判断は その時のワタシに委ねる
ただひとつ 今思うのは
さよならを恐れない それだけ




頭の中に流れてるのは

吉田拓郎「落陽」