コートでは誰でもひとり ひとりきり

少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んず可からず  未だ覚めず池塘  春草の夢  階前の梧葉 已に秋声

断捨離の捨

来るもの拒まず では無いので「断つ」は
アトマワシ


執着から離れるのは ムズカシそうなので
アトマワシ


とりあえず捨ててみている
…ムズカシイけど 思い切る


といいつつ 寄付とか
中古の買取りサービスを利用


モッタイナイ が染みついたカラダ


お金に変わっても そうならなくても
誰かが使ってくれたら と


…ぇ?査定額 低っ?!
いゃ 値がついたのがあるダケ マシなのか


…世俗に塗れたこの感覚w


ダンボール3つ 見送った
とりあえず ワタシから離れていった



そして ブログから離れる修行
…視力低下による集中力低下の緩和orz


ブログ見だしたら止まんない(中毒?)
多様な生活 考え方 興味は尽きない



あわてない あわてない
ひとやすみ ひとやすみ


…梅雨やすみw



そんなこんなで 結局ブログw
頭の中と心の中を整理する


そしてまたいろんなブログを巡る
いろいろ考える


自分が抱えてた不満とか 
…ちっさ


自分の周りのことでアップアップ
でも 日本も世界も広い
…視野を広く ココロも広く


ソーユーモノニ ワタシワナリタイ






あなたのことはそれほど(終)

波留ちゃんの役どころは
ただただ静かに受け止めるヒトだった


だからドロドロなのに
蓮の花のような存在感


ラストは少ぅし希望が持てたかな
お母さん ステキだった


波瑠ちゃん 彼氏ができた女友達に
歴代の彼氏のなかで一番?と聞いて
「自分も変わってきて
 昔の彼も変わってるだろう
 だから比べられない
 記憶の中の彼は もういない」
みたいな(意訳?)答えがあった


変わってるよね
形状記憶合金じゃないし
どんどん細胞は生まれ変わって
しかも老化してるし


でも


どっかで変わらないモノ
あってもイイかな
あってほしい


と思ってる乙女なワタシ(照)を再発見


…不器用ですから(誰)



頭の中に流れるのは
「私を忘れる頃」松任谷由実

あなたのことはそれほど (再)

しょこたんの役どころが気になる


ストレス解消で他人を攻撃
ママ友のためとゆー大義名分で


でもそのママ友にも嫉妬と怒り
私なんか…とゆー劣等感
共感より提案(それも正論)されて
ストレスフル


「当たり前のことを偉そうに!」


仲里依紗演じる寝取られ妻も
育った環境に難があって
学生時代 学級委員を押し付けられて


うぅ…なんか似たことがワタシにも(闇)


思い出したくないから忘れてた
委員 押し付けられた高校1年
登校拒否だったもんな。。


イジメてた人間は記憶に無いんだろーなー


そこから意識してマジメを投げ出した
でも
マジメが生き難い世の中って何?!


ずっとずっと怒って生きてる
正論吐きまくり めんどくさいワタシ


ふぅ~っ
思いっきり 息 吐いてくるぜ!
れっつ ヒトカラw



あなたのことはそれほど

欲部会?


違!


欲不快?


違!


欲深い!



…変換で「欲部会」が出たときは笑えたw
ワタシの所属は「欲部会」w


そして他人の欲は「欲不快」
自分にはマネできない「欲に素直な行動」
ウラヤマシサもあったりで不快?
欲に任せた綱渡り フツーじゃできない


初恋引きずった身としては
波留ちゃんの役どころは 他山の石
(使い方 正解?)
勇気にも機会にも恵まれなかったけど
初恋とか運命とか占いに固執したり
ほぼほぼ罪悪感なしに
「順番が違ったら」とか思うタイプ


岡目八目
立場が違えば見方も変わる
第三者的立場から見ると こんなものなのか


落ち着いた雰囲気の主人公
選択を間違った? 普通の日常には戻れない?
こんなにも世間から裁かれなきゃイケナイ?

恋愛は個人的なモノだ 
不倫は当事者だけが怒る権利がある
第三者は介入するべきじゃないと思う



運命の恋
…思い込みに過ぎないかもだが


許せないけど好きで
好きだけど許せない


そーゆー感情にもなった(過去)


苦しいし辛いこと多いのに
なんで好きになっちゃうんだか


でも「好き」って気持ちは
何にも代えがたい 何かがある(何)



恋愛から遠くなったワタシだけど
複雑な気持ちになるドラマ


毎回タメイキ混じりでクセになる(笑)










クチナシ

カオナシ(千と千尋の神隠し) ではない


白い花 甘い香り
渡哲也の歌に「くちなしの花」があったり
花言葉もHappyだったり


夜にぷらぷら歩いていたら
クチナシの花の香り
花は公園に植えられていて
その前のベンチでタバコを吸う女性ひとり


お仕事帰りっぽいカンジ
なんかあって疲れたのか
まっすぐ帰宅する気分じゃないのか


欠けゆく月と甘い香りに癒されて


ワタシも若いころ
ひとりでタバコ吸ってたな~
息詰まってた心の解放
ふぅ~っと吐く煙の心地よさ


あの頃のワタシに
「ヨガ いいよ!」 と教えてあげたいw


頭の中に流れるのは
「くわえたばこのブルース」(ジッタリン・ジン)