コートでは誰でもひとり ひとりきり

少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んず可からず  未だ覚めず池塘  春草の夢  階前の梧葉 已に秋声

ご新規さん優遇

携帯の乗り換え優遇は見直されるかもしれないけど

スクールやジムは 相変わらずご新規さんの奪い合いキャンペーン


私も確かに 入会時はキャンペーン乗っかりましたけども♪


続けると知り合いや馴染みが増えて 続ける楽しみも増えたりする

けど チラシ広告とか目にして

「うゎ?今回のキャンペーンのほうがお得だった?」

と なーんとなく損した気分になったりする


だからと言って 携帯のキャリアを変えるようなお気楽さはないので

(携帯の乗り換えも一回だけな モノグサ女)

新しいスクール探しやジム探しは億劫・・・私って いいカモだな(笑)


スクールは上達すると参加できる合宿とかレッスンがあったり

ジムだって扱えるマシーンもトレーニングの種類も増えてくるんだけど


うーーーーーーーん

なにか なにか 馬にニンジン的な? ポイントたまった的な?

プチご褒美ほしー!(強欲?)


自分にご褒美与えすぎて 痩せない中年女が 七夕に願ってみました☆

失敗も経験

今まで 錦織くんや日本の選手の試合を冷静に見られなかった

「敗北=失敗=恐怖」という自分の観念に囚われて


今回 痛みをこらえて戦う錦織くんの試合

辛いだろう怖いだろうという 今までの私の過剰な感情移入を捨てられた

冷静に試合を観戦できた


異常なほどの怖がり 失敗を恐れてきたのは

私の失敗に対する怒りを受けてきて 失望を感じてきたから


親になった当初は それが当然の感情で 躾だと思い込んでいた

でも

子どもが育つにつれて 失敗を積み重ねて 成功を経験していくんだと

叱ったら 感情に任せて怒ったら 萎縮するだけだとわかった

子どもには 申し訳なかった

最初から私がわかっていたら 辛い思いを倍増させることはなかったのに


私は2歳で大きな火傷を負った

母は皮膚の移植を打診されたが 嫌だから通院を頑張ったと幾度も聞かされた

自分は嫁として 母として完璧だと自負していた

自分磨きに夢中で 習い事ばかりしていた

料理も裁縫も 華道も着付けも


なので 子どもも完璧が当たり前だった

でも育児に関しては興味がないので

教えない で できない で ビンタ


中学の担任に 私の異常な怖がりを指摘された

私は「性格だろう」と思い込んでいた


完璧な母に対する劣等感もあった

自分は「できない子」だから いつも相談して指示を仰いだ


自分の子が「発達障害」との指摘を受けて

そこから勉強して そこから振り返りと検証が始まった


完璧でなくて 成長を感じたい と思うようになって

10年かかって やっと ここ1年 母の呪縛から解放されつつある


そして ごく最近のテニスのゲームで 楽しさを感じれて

ウィンブルドンや公式戦の試合観戦で 過剰な恐怖感から解放された


赦せなかった母を 気の毒な人と思えるようにもなってきた

時代背景とか 性格とか もしかしたら母も発達障害なのかも?とか


老いていく親

いい距離感を保てる余裕は ないかもしれない

でも だからこそ

怒りとか復讐とかの感情から 今ちゃんと自分を解放しておきたい



継続はチカラなり

・・・と 小学校の教室に貼ってあった


続けようと思っているこのブログ

暑さに負け 日々の雑多に負け 若干の風邪に負け

少々のご無沙汰


その間に

読者登録をした方のブログが消えてしまった(寂)

小気味のいい文章 達観に届きそうなほどキレがいい

でも 泥臭さも 今までの苦悩も垣間見えて


たぶん年下であろう女性が書いていた

尊敬にも似た気持ちで 読ませてもらっていた


もう読めなくなるのは残念

何かがあったのか 思いを巡らしても 何もできない

彼女が平穏でありますように 願うだけ


ブログを始めるのも やめるのも 続けるのも自由

ただ それだけなんだよね



青い空 風が強い 夏が近い?

この空の下 いろんな思いを 感覚を抱いて 生きる。。

人は見かけによらない こともある

子どもの担任

どーみても タヌキオヤジ(芋洗坂係長?)にしか見えなかった


前任校で 職権乱用?みたいなコトをした話を 懇談会で披露

え?なんなの?越権行為じゃないのか? とか

もぉ~しょーがない人だなぁ~ とか

雑なの?天然なの? とか

親たちの反応はサマザマ


でも 今思うと


スレスレの話をして 反応を見て

モンペをあぶりだしたり クラスの親の受け止め方の傾向を見たのではないか?


そう思う根拠は 個人懇談で

「大学は 親と離れて生活できるトコロに行け」 と言われたこと


いゃいゃ?

まず高校進学でしょ?なんで今 大学の話?しかもドコを目指せでもなく?

ただただ独立しろって?


親子で頭の中は「???」


卒業した今 そして私が自分をふりかえるコトを始めた今だから 少しわかる

・・・私のそばでは ダメなのだ


親に依存し 結婚して夫に依存 そして子どもにも依存してる私

(本意ではないけども)

いわゆる「毒親」?


共依存になったら 共倒れではないか!

それを見越して 危惧してくれたのではないか?(本人に未確認)


今 ほんの少しずつだけど 自分を取り戻す作業中

子どものために自分(の時間)を犠牲にするって 聞こえはいいけど

自立の妨げ? 恩に着せたらいい迷惑


そこそこ折り合える程度の 自由を確保して

自分のやりたかったこと 思い出して(まだよくわかってないけど)

経済的にも自立(これが難しい) が今の目標



・・・件のタヌキ担任 退職して 自由満喫というウワサ

もしかして感覚だけで生きてるヒトなのか?私の買いかぶりすぎ?



ん~・・・・・・


ま いっか♪


頑張れとは言わない

自分なりに 限界を感じながら 頑張ってるだろうから

痛みに耐えて けがをおして 練習してるのだから


公式戦でも 練習試合でも やりきって すべてを出してと

願うだけ


そんな姿でも満足せずに カスだクズだと罵倒する

あまつさえ 体罰含む指導は

私には一生理解できそうにない(文系女)


でも たぶん そう指導されてきた歴史の負の連鎖があるんだろ

どこかで気づけよ なるべく早く

古くてもいいものもあるが そんな体質は腐っていくぞ


顧問や指導陣に抗議しようとしたら 子どもにとめられた

立場が悪くなる・・・と


頼むから 生きてくれ

他の道もあるんだから


体育会系という言葉は 私の中でどんどんどす黒くなっていく。。