コートでは誰でもひとり ひとりきり

少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んず可からず  未だ覚めず池塘  春草の夢  階前の梧葉 已に秋声

誰も信じられない

小学生の我が子から出た言葉
どんな状況か 子どもから聞いた
客観的な意見を求めて 学級懇談に出席


…他の親たちから 深刻な話は無かった


ワタシが話す順番になって(順番制)
「なんかね 誰も信じられないって言ってて」
軽く切り出したツモリが


…空気 重


担任は以前 役員してたりで知ってた
フレンドリーではないけど 信用できる


彼は経験豊富で高いプライドを持ってる教師
だが学級崩壊&休職の苦い経験がある


…真剣な面持ちで聞いてくれた


「気分がアガルよう家庭でも頑張ってみます♪」
次のヒトが話しにくくならないように
何とか前向きに話を結ぶ
担任には伝わったと信じ 成り行きをみた


担任が動いてくれた


手の空いてる教師が教室で見守って
校長先生も頻繁に視察


騒がしい教室が少しずつ収拾していった


クラス全員 学年全体で取り組む課題
発表の場に向けて 休み時間も練習


ミュージカル 合奏 合唱が得意な学年になった



…もう ずいぶん前の話



自分も家族も こじれたこと多い
サイテーな教師にも出会った(ワタシの主観)
でも見方や出会い方が違えば 評価も違う


ムズカシイ 人間関係


信頼関係が無ければ「敵」?
あれば「味方」?
何かが起これば味方は敵に早変わり?
(敵が味方になることは少ない)
雲泥の差 何度も味わった


勝手に味方と思ってたダケだったのかもな
ワタシ含め ニンゲンメンドクサイw


でも学校は一時の関係
子も 親の人間関係も いずれ卒業
サイアクを避ける為なら行かなくてもいい
囚われすぎないスタンスのほうがいい


みんなちがってみんないいw



その場で誰も信じられなくても
違う場所には信じられるヒトがいると信じたい
凸凹含めて受け止められる関係性を大事にしたい


最終的に自分を 自分の決断を自分が
信じられれば それがいい


ただ 絶対正義にならないよう
それだけ気を付ける



ずいぶん前のことなのに なんとなく今日
思い出して書き留めた~
なんで思い出したんだろ?不思議w

暑いけどヒエヒエ

ムシムシ
この湿気 この低気圧


カラダは懸命に対応して
汗で内圧と体温下げてくれて


でベタベタ
でシャワーで流す
思いの外 冷えているカラダ


何かとデリケートになっているお年頃
シャワーだけでなく湯船にも浸かる
朝でも夕でも真っ昼間でも
帰宅したらお湯に浸かる


更年期の汗って
下半身の冷えも関係してるとか?


あたためよう カラダもココロも
自分を大切に
自分の大切なヒトも大切にできるように

キヤセ

錯視を利用する らしぃ


ボーダーよりはストライプ  は常識w
首 手首 足首を見せて他は隠す
(いくらなんでもカラダより首が太いことはナイ)
…細いトコだけ見せて「残りも細い」と錯覚させるw


濃い色のトップス ボトムス
そして肩掛けのシャツやカーディガン


…痩せるまでは錯視のお世話に?
肩がパンパンになってきたので
肩掛けしてもずり落ちない(いいのか?)
とりあえず首は胴体より細いw


ワタシにビンゴー♪


こんな調子で いつ痩せるんだか(ノ´∀`*)
ダイエット番組見ては奮起した気になり
でも 少しくらいぽっちゃりでも?
とゆー甘えがムクムク


ぽっちゃりの定義も甘~いw


それでも汗の季節のおかげか
体重増加は頭打ち!
高めだけど現状維持できてる~(小さな幸せ)


この調子 できればギア上げて
ハッスルマッスル~(古?)

to you

トゥ~ユゥ … つゆ … 梅雨!
…三段落ちにもなってないΣ(´∀`;)


梅雨は花粉と並ぶ 苦手な季節


それでも雨が降らなきゃ水源心配
降ったら降ったで土砂災害心配


相反するもの それが現実
1つのことは1つの面ではない


なーんて書いてみても
心はいつもザワついて焦って取り越し苦労💦


何かにすがりたい?
悟りたい?
心の安寧が欲しくて 般若心経 読んでる
今度 お寺で写経してみることにした


無宗教無節操なワタシ
教会にも行くし 神社も行くし お寺も行く
クリスマスのミサも 初詣も 
宗派関係なく自由な環境に感謝


梅雨 お外のテニスは雨でお流れ
ひとやすみ( ・ิω・ิ)
梅の雨 梅干し…梅はスキ!
久しぶりに梅酒 飲も(*^_^*)