けんけん♪の 『テニスがんばるぞ!』

少年老い易く 学成り難し  一寸の光陰 軽んず可からず  未だ覚めず池塘  春草の夢  階前の梧葉 已に秋声

私見

ワタシは男の子を授かった
なかなかの小心者
ワタシの想像を超えていく


予想外に他人に叱られると固まった
1時間以上 しがみつき声も上げず
ひたすら石になってた


子どもの世界は無法地帯
傷だらけで帰宅
それでも遊びたいから行く


そのうち見栄を張る
怖がりな自分を隠すため
ウソもつく
自分を守るため


よく泣く子が泣かなくなった
そのかわりにキレる
心は土砂降り


ヤラレたらヤリかえした
世間は暴力的な子と評価した


幼稚園の教諭
学校の教師が数人
理解しようとしてくれた


自分の子を絶対的なイイコと信じる
そーゆー親で攻撃的なのを見た


親って子どもを守るのに必死
でも
たまに自分を守るのに必死だったり
(自省含む)


子どもは主観で生きている
信じることは大切 客観視も大切


育てることは自分も育つこと
教えてくれたものはいっぱいある
辛い現実もいっぱい


キレている人がいたら
心は土砂降りかもしれない
泣けないから怒ってるのかも
それとも過剰防衛で攻撃?
そぅ思って観察するようになった


ウソをつく人は小心者?
誰でも少しはウソをつく
でも度を超すと自分を追い詰める


ヒトはみんな違う
オトコとオンナは根本的に違う?


違いを頭におくこと
情熱も大事 冷静も大事


子育てが全てではない
結婚もそう 


恋愛が絶対でもない


何が正解か ワタシはわからない




頭の中に流れてるのは
「そのまま」荒井由美